実家が空き家化
実家が空き家になる前にできること

き家問題とは

過去最高となった空き家率
近年、空き家の増加が大きな注目を集め、各メディアにより「空き家問題」が頻繁に報道されています。「空き家問題」とは適切な管理がされず放置された空き家をめぐる放火や不法投棄といった犯罪行為、また屋根や外壁の崩れや庭木が繁茂する等の近隣・通行者への被害といった問題を指します。総務省「平成25年住宅・土地統計調査」では、空き家の数は5年前より63万戸増えて2013年には820万戸、空き家率は13.5%と過去最高を更新しました。総世帯数も2020年をピークに減少していくことが見込まれ、2033年には空き家率は30.2%なるという予測が発表されています。
空き家数及び空き家率の推移(全国)

や他人事ではない、
 あなたの実家も空き家予備軍

依然日本では平均寿命が延び、高齢化も進んでいます。2020年には高齢の夫婦のみの世帯や、高齢の単身世帯が世帯全体の半数を占めるまでになるといわれています。つまりこうした世帯の家も近い将来空き家になる可能性が高いということになります。みなさんの実家はいかがでしょうか?子供全員が実家から離れて暮らし、両親もしくは父母どちらかが一人で暮らしているなら、実家は空き家になってしまいます。

き家になってしまうと…

国は2015年5月から「空き家対策の推進に関する特別措置法」の全面施行を開始しました。この法律により倒壊の危険があったり、放置されたままの空き家は「特定空き家」として厳しい処分をとることができるようになりました。
「特定空き家」と判断されると、自治体が所有者に対し、切に修繕して管理するか解体などの助言、指導をおこないます。従わない場合は勧告、命令と進み、最終的に所有者の氏名や命令内容などを公表したり、固定資産税の優遇を受けられなくなり、従来の6倍の税金を支払わなければならず、最大50万円の罰金も科せられます。さらに行政代執行が行われると、解体や修繕にかかる費用も徴収されてしまいます。
将来実家が空家になってしまいそうならどうしたらいいか?事前に家族で話し合いを持つことは重要です。人が住まなくなった家は劣化が早く、メンテナンスも大変になってしまいます。実家を空き家にしないために、あらかじめ家族内で方針を決めておくことが必要になってきます。

ぜ空き家を所有する人が活用せずに放置しておくのか

放置の理由は活用へのあきらめ、心情的な悩みが大半を占めます。現在空家を放置している理由は「思い出が残っており手放したくない」と感情的な理由を挙げる人もいるが、空き家を放置している人43%は「処分方法・活用方法に悩んでいる」「相談する相手がいない」30%はそもそも「売却できない・貸し出せないと思っているので活用をあきらめている」と回答しています。

き家になった実家は負の遺産

不動産の管理にはコストがかかります。相続の際の「相続税」、また管理維持するための「固定資産税」「都市計画税」のほか、万一に備えて「火災保険」に入る必要性が出てきます。また、維持管理の内容としてどこまでやるかは用途によりますが、土地であれば現実的に草取りをする、建物であれば風を通す、壊れた箇所を適正な状態に修理するなど、最低限近隣に迷惑がかからないくらいにはしておかなければなりません。維持管理にどのくらいの費用がかかるかというのは土地や家屋の広さ、構造にもよりますが、年間数十万円のお金がかかることがあります。このような実質的なコストに加え、維持管理をするための精神的肉体的負担もかかってきます。

空き家にかかる
主な税金
  • 相続税
  • 固定資産税
  • 都市計画税
空き家にかかる
維持管理費用
  • 火災保険
  • 建物の修繕費
  • 庭の整備費用

き家を活用しプラス資産に変える

先述のように空き家は所有しているだけでは負の遺産になってしまいます。これをプラス資産に変えるために「栃木県空家管理支援センター」では、空き家の幅広い資産活用(運用)を提案しています。一見、活用手段がないような空き家であっても、賢く活用することでプラス資産に変えることが可能になります。ここで空き家の資産活用の一例をご紹介します。

き家活用の可能性

マイナス資産だった空き家を上手に活用することで、8万円/月の貯蓄が可能になったA様。その詳しい内容をご紹介します。

活用のポイントは、ご実家(空き家)を住居として活用し、ご自身のご自宅を賃貸物件として運用したということです。
空き家そのものだけではなく、所有するすべての不動産資産を有効に運用することで、空き家活用の幅広い可能性を広げることができます。

き家の活用方法に悩んでいる方、
空き家の活用を諦めてしまっている方へ

お客様相談窓口(変更の可能性あり)

0120-64-0789

うちの空き家は売れないし、貸せない。解体費用もかかるし、維持する手間もかかる。みなさんを悩ませてきた実家の空き家問題ですが、新たな知恵が広がり、その活用の幅は広がってきています。農村の民家は田舎暮らしを求める若いサラリーマン世帯の住居に、古い商店街の空き家はおしゃれなカフェに、荷物置き場だった空き倉庫や蔵がモダンな店舗などに生まれ変わってきています。
また、国や自治体もさまざまな施策を取り始めています。空き家活用のための新たな法律や、空き家改修費用の補助金制度などが整備されてきています。住宅金融支援機構は中古住宅を購入して、省エネ性や耐震性、バリアフリー性などを高める工事を行う場合は、従来よりも金利を大幅に下げるプランを始めています。空き家は所有者ひとりだけの問題ではなく、社会全体の問題として、どう活用していくか、住みこなしていくか、つまり、周りとの関係性も含めて、使いこなし方を「柔軟な発想で考える」ということが大切だとおもいます。
しかし、全ての空き家が100%活用できるというわけではありません。課題もまだまだあります。一言に空き家といっても、そこには家族の思い出もあり、亡き家族の面影もあります。簡単に空き家活用として割り切れないという声もたくさんあります。だから私たちはみなさま一人一人とともに悩み、それぞれに合った空き家の活用方法を考えています。栃木県とういう地域の特性、文化、ヒト。空き家を通してみなさまの豊かな暮らしを提案できるよう、日々「空き家」に向き合っていきたいと思います。
空き家について悩んでいる方、活用をあきらめてしまっている方、まずはお気軽にご相談ください。